99ゴルファーの光と闇

たいてい100切り。でも90切りはできない。アベレージ99ゴルファーの希望と憂鬱

傾斜のライ

 

 

 

ライによって打ち方変えるんですが、最近うまくいっていること。

 

 

 

 

 

まず、つま先下がりの通常ショット、これが一番得意です。

 

初心者の頃から、ほぼまっすぐ飛びます。

 

スタンス広め、腰を落として、腰から上でほぼ手打ちします。

 

飛距離はやや落ちますが、スライスは出ません。

 

むしろ手打ちの影響か、左に飛ぶこともあります。

 

そうなるとさらに斜面からの第3打で、アプローチが大変ですが。

 

グリーン周りのつま先下がりのアプローチ、この時は若干スライス気味になります。

 

 

 

 

次に、つま先上がりのショット。

 

左に飛びますね。

 

ほとんどまっすぐ飛んで最後に軽いフックなこともあれば、

 

出だしからの引っ掛けも出ます。

 

スタンスを右に向けると、余計にクローズドになって左に飛んだり、

 

つま先上がりの斜面で右を向くと左足上がりの複合ライになって、

 

方向性が出しにくい。

 

色々試した結果、フェースを開くのが一番安定することに気がつきました。

 

7番アイアンでフェースを開いて、短く持ってコンパクトに当てると、

 

140yくらいはまっすぐ飛びます。

 

アプローチの場合は、右のつま先上がり斜面からは、

 

斜面なりに立つとたいていグリーン右端を狙う形になり、

 

そのまま打つとグリーン中央か左くらいに乗るので、それでよしとしています。

 

左の斜面からつま先上がりの場合は、かなり難しいので、

 

バンカーやOBに入らなければいいか、くらいの気持ちで打ちます。

 

 

 

左足上がりのショット時は、左に飛びやすいですが、

 

傾斜なりに立てる時は、そのまま打ってまっすぐ飛びます。

 

傾斜がきつい時は、重力方向に立つことになるので、

 

やや右を向いて構えて、ドローボールに対応します。

 

左足上がりアプローチは、左肘と左肩を引くように、

 

斜面なりに素振りして、その通り打ちます。

 

これもなぜか初心者の頃に自然に身につき、結構上手くいきます。

 

 

 

 

最後に、左足下がり。

 

これが苦手です。

 

ドライバーが大当たりして喜んだあとに、

 

えええ、2打目左足下がりか、、、

 

となると、グリーンオンはほぼ諦めてしまいます。

 

普通に打つとトップしてチョロ、それを嫌がってダフってチョロ。

 

なので、傾斜にもよりますが、1-2番手あげて、

 

林からの脱出ショットのつもりで、軽く小さく低い球を出すイメージで振ります。

 

左足下がりは一般的には右に飛びやすいと言われていますが、

 

そうすると手打ちになるので、まっすぐか、左に飛ぶこともあります。

 

転がって乗ってくれることもあったり。

 

 

最後に、左足下がりのアプローチ。

 

一番難しいですね。

 

グリーン周りの斜面からの場合は、寄せるよりも、

 

ピンは見ないでグリーンに乗れば上出来です。

 

もっと言うと、ピン位置にもよりますが、

 

一発でグリーン乗せての2パットより、

 

まずPWくらいで、斜面をくだるように下まで落とし、

 

そこから寄せワンを狙う。

 

その方が、私の実力では確実と思います。

 

一発グリーン狙いで、トップしてチョロまたはホームラン、もう嫌です。

 

 

 

 

グリーン周りで正直にピン方向にスタンスすると、複合ライになりますよね。

 

つま先上がり左足下がりとか、つま先下がり左足上がりとか。

 

そうなると前後左右に重心が安定しないので、

 

とにかく下半身の安定を優先してスタンスし、傾斜なりに立てれば立つ。

 

足幅も広めから閉じるまで、色々立ってみて決めます。

 

そして、方向性は肩の向きとフェースの開きで対応する、

 

というのが、自己流ですが一番安定して打てる気がしています。

 

 

f:id:miym:20200630110251j:plain

 

 

HeungSoonによるPixabayからの画像

 

 

 

雨のゴルフ 風のゴルフ

 

 

 

土日ラウンドしてきました。

 

 

 

土曜日はホームコース。

 

前半は雨、後半は曇り、風は微風でした。

 

 

 

雨の日のゴルフ、結構得意です。

 

決して雨が好きなわけではないのですが、

 

いいスコアが出やすい気がします。

 

 

 

まずスタートホールでびっくり。

 

ドライバーは相変わらず右に飛んでラフ、8番アイアンはややショート。

 

花道からまずまずの寄せ、1.5mのパーパットが入っちゃいました。

 

 

 

なんて幸先のいい。

 

普段ダボスタートなのに。

 

 

 

そこからボギー3つ、さらに3連続パー。

 

 

雨なのでスコアカード記入は打数とパット数だけ、

 

スムーズに回れていたので、トータルは見ていませんでした。

 

7ホール終わって、ちょっと詰まったところで、

 

なんか今日調子いいかも、とスコアを見てみて、まさかの+3。

 

 

 

 

あれ、70台でちゃう?

 

 

 

 

、、、そこからボギー、トリで前半終了。

 

まあ、お約束ですね。

 

 

それでもハーフ43は自己ベストタイ。

 

 

 

後半はOBあり、3パットも2回あり、しかし大叩きはせず。

 

最終ホールはパーオンするも、パターはは完全にスコアを意識して、

 

ショートショートの3パットでボギー。

 

後半は44。

 

 

結局 87 の自己ベストでした。

 

 

ここ1ヶ月で89を3回、87が1回。

 

だいぶ上達しました。

 

 

 

雨の日は、ショットはそんなに意識しませんが、

 

レインウェアの分、おそらくコンパクトに振っているので、

 

大きなミスが出にくい。

 

 

 

一番好きなのは、グリーンが雨で重い方が距離感が合いやすく、

 

アプローチもパターも寄せやすいこと。

 

 

さらに、構えてから打つまでが早いのが、

 

いい結果を生んでいる気がします。

 

晴れてるとついつい色々考えちゃうんですよね。

 

 

 

 

 

 

日曜日は、リゾートホテルのゴルフ場でした。

 

雨予報でしたが結局降らず、そのかわり強風。

 

風が雨雲を吹き飛ばしてくれたのでしょう。

 

 

この日一緒に回った同級生が、

 

ドライバー280yオーバーも出すけど平均スコア110台、

 

という素材で、

 

287yのPAR4で、ティーショットがピン横バンカーに入る、

 

バンカーからなんとか1打で出てパーオン、

 

バーディーパットからの、ダボ、、、という人でした。

 

 

こういう時、自分も力が入っちゃうんですよね。

 

普段ドライバーであまり置いて行かれないから。

 

そして強風。

 

 

ドライバーでのティーショット、

 

ティーグラウンドまで戻ってくるんじゃないかというくらい、

 

スライスしました。

 

 

それでも、2回目のコースで47-47の94だったので、

 

楽しめました。

 

アゲンストで1番手上、フォローで1番手下、結構うまく行きました。

 

 

 

 

 

 

練習場ではドロー、コースではスライス、早く直したいなぁ。

 

 

 

 

 

f:id:miym:20200630091623j:plain

Wolfgang ClaussenによるPixabayからの画像

 

 

 

 

 

 

全力と脱力

 

 

 

 

前にマン振りのところでも触れましたが、

 

ゴルフでの脱力ってすごく大事です。

 

 

 

 

スコアがいいときは、脱力できてスイングがうまくいっているとき。

 

反対に、どうやっても良くないときは、力が入っているとき。

 

 

飛ばそうとか、これはグリーンオンさせるとか、

 

考えるとうまくいかない。

 

 

スコアが崩れた後に、諦めた感じで8割で振ってみようかな、

 

そこからのナイスショットの経験、ありますよね。

 

 

飛距離も方向性も、脱力した方がよっぽどいいですね。

 

 

最近、練習場で左に出て、コースでは右に出る、

 

という症状がなくなりません。

 

自撮り動画で確認したり、同伴の方に聞いたところ、

 

コースでは脱力ができていない、

 

特にインパクトで左肩が上がっている、

 

ということがよくわかりました。

 

 

 

何よりもスコアが悪かった翌日は、

 

僧帽筋の痛みがひどい。

 

肩こりがずっと続きます。

 

 

左肩が上がってインパクトが安定しないから、

 

フェースが開くのも、トップが出るのも、シャンクが出るのも、

 

その影響が大きいのでしょう。

 

 

 

右手で左肩を抑えて、左手一本で振るドリルで矯正しています。

 

 

 

アドレスの時にとなえる項目に、「脱力」も入っていたのですが、

 

いつの間にか忘れていました。

 

数が増えると、わからなくなるし、何よりリズムが悪くなりますよね。

 

アドレスで固まって、始動の仕方がわからなくなる。

 

 

そこで、新しいチェック項目として、

 

「鏡を意識」

 

の一言を思いつきました。

 

 

アドレスの時に、前方を見て、鏡を意識する。

 

肩の脱力、背筋を張る、骨盤、重心、肘の角度、ハンドファースト、、、

 

 

色々なチェック項目を、一言でサッと思い出せる気がしています。

 

 

 

今週末は土日ラウンド。

 

ホームコースと、リゾート系ホテル併設ゴルフ場の予定です。

 

 

肩の力を抜いて、スコアは、結局でたら嬉しいな、くらいでいきます。

 

 

f:id:miym:20200624105807j:plain

 

 

 

 

 

新クラブでのラウンドと課題 ウェッジの打ち分け

 

 

 

 

 

日曜日のラウンド、新しいクラブのデビュー戦でした。

 

 

 

 

新しいクラブは、

 

ドライバーと5Wが、Callaway MAVRIK SUB ZERO

 

5番アイアンからPWが、Callaway MAVRIK PRO

 

ウェッジは、JAWS クロム 48, 52, 56

 

パター入れて12本です。

 

 

 

 

先週の練習場では、

 

月曜日に全クラブをなんとなく打って、

 

購入満足感とモチベーションを高める。これ大事。

 

水曜日と金曜日は、ドライバーと7番アイアンで、

 

飛距離を確認しながら振り慣れておく。

 

ウェッジ52度が、大体前のAW(51度)と同じ雰囲気で、

 

フルショット100ヤード、ハーフ80ヤード、

 

さらに50ヤード、30ヤードの簡単な打ち分けを確認して慣れておく。

 

それだけやっておきました。

 

 

 

あとの飛距離は、コースで慣れていこうと。

 

 

 

いざラウンドしてみると、前より安定して飛ぶようになりました。

 

スイングも改造中なので、タイミングが合わないと左右はばらつきますが、

 

ドライバーは安定の260ヤード越え。

 

 

 

驚いたのが、

 

ミドルホール残り180ヤード、

 

ラフからの2打目、つま先上がり。

 

6番アイアンを短く持って、バンカーを避けて、

 

グリーン手前30Yくらいの花道を狙ったのですが、

 

キレイなドローの低めの球で、

 

ピンまで届いちゃいました。

 

フライヤー?なんだったんでしょう。

 

 

 

結局、OBは1回あり、林2回、グリーン周り往復ビンタ1回、

 

それでも自己ベストタイの89でした。

 

ここ1ヶ月で3回目の89ですね。

 

これが壁というやつでしょうか。

 

平均は98なので、まだブログタイトルに偽りはありません。

 

 

 

でも、クラブ変えて初めてで自己ベストとは、なかなか期待できる気がします。

 

飛距離がわからないので、短め短めで謙虚に打っていたのが良かったのか。

 

練習して慣れてくると、もっと振りたくなって、

 

スコア落とすのが自分、という気もしないでもないです。

 

 

 

スコアアップのための自己分析は、

 

直すところは、

 

ドライバーでOBしないこと、

 

アイアンの飛距離の確認、

 

アプローチの引き出し、

 

パーオン狙う状況とボギーでいい状況のマネジメント、

 

ですね。

 

 

できているところ、伸ばしたいところは、

 

ドライバーの飛距離、

 

パターが平均35パット、

 

でしょうか。

 

 

 

パット数は40くらいが当たり前だったので、これでもいい方です。

 

本当は30〜32くらいだと見栄えがいいのですが、

 

私の場合、パッティングよりアプローチの問題な気がしています。

 

ロングパットを打たなくていいアプローチや、寄せワンができると、

 

パット数も自然に減るでしょう。

 

 

 

ということで、今週はウェッジで100Y以内の打ち分けばかり練習しています。

 

 

振り幅は膝、腰、肩、フル、の4通り

 

スタンスは普通、狭め、閉じる、の3通り

 

グリップは普通か短め、の2通り

 

ウェッジ3本

 

4x3x2x3=72通りの打ち分けがあるのですが、

 

流石に全部は、やっていません。

 

 

それぞれの飛距離別に、転がるか止まるか、といった感じで打ち分けてます。

 

 

残り50yのラフなら、食われないように強く振れる、

 

ランもそこそこ出ちゃうのでキャリー40yショット、

 

ということで、56度で肩まで振ります。

 

 

残り50yのフェアウェイなら、52度の腰までのショットで、

 

ピンそばに落として、高い球でスピンもかかるので、

 

ランはほぼ出ないつもり。

 

 

といった感じをイメージしながら練習してますが、

 

我ながら、机上の空論感がすごい。

 

本番そんなにうまくいくかなぁ。

 

 

 

そんなメンタルを吹き飛ばすためにも、練習あるのみなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

f:id:miym:20200619111952j:plain

Kevin PhillipsによるPixabayからの画像

 

 

 

 

 

 

 

スイング改造

 

 

 

 

 

最近、行きつけの練習場が2つありまして、

 

 

 

・職場からも家からも近くて安くて空いているが、ボールもマットも経年劣化

・遠いし少し高いし混んでいるが、マットが柔らかい

 

今年は近い方によく行くせいか、練習頻度が増えたせいか、

練習の初めの数分、左手首が痛みます。

 

 

振っているうちに忘れる程度なのですが、

クラブを買い換えたこともあり、スイングを見直そうと決めました。

 

 

 

 

最近見ているのは、youtubeの 星野英正プロ の動画です。

 

 

 

 

最近の自分のテーマの一つが「脱力」なのですが、

星野プロの動画では、

 

マチュアは下半身をもっと使うべきで、

上半身の力感はあまりいらない

 

というようなお話がありました。

 

 

自分もまさに当てはまると思い、動画を見ながら実践したところ、

飛距離は変わりませんが、まあ楽にまっすぐ飛ぶこと。

 

 

手首もあまり痛くない。

 

 

このスイングを身につけたいです。

 

 

 

f:id:miym:20200612214431j:plain



 

 

 

 

 

 

 

 

クラブ買い換え 

 

 

 

今週末は、土日ラウンドしました。

 

 

土曜日はホームコース。

 

一緒に回ったのは、

年に1−2回ラウンドする年の近い友人2人で、

そのうちの一人が、一緒に回るたびに、

 

「クラブ合ってないと思うよ」

 

と、言ってきます。

 

「フィッティング行った方がいいよ」と。

 

 

 

 

正直、私は道具のせいにするのが苦手で、

 

 

上手くなれば道具なんてなんでもいいはず。

 

ヘタクソが高い道具持ってるのはカッコ悪い。

 

 

という考えなので、毎年毎年流していました。

 

 

 

で、この日はまた自己ベストタイの89。

 

 

最終ホールまで自己ベストペースだったのに、

最後だけトリプルボギーという、

なんとも残念な自己ベストに。

 

 この日は3人とも80台でした。

 

いいショットを見て、いいペースで回るということで、

スコアが引っ張られたところもあったかもしれません。

 

 

 

 

 

日曜日は、今年2回目となる山岳コース。

前回114発も叩いたところ。

リベンジに燃えての再挑戦です。

 

 

前日に3Wの調子が良く、どこまでもまっすぐ、

ドライバーとあまり変わらず240ヤードくらい飛んだので、

この日は3Wでティーショットを打ち続けることにしてみました。

 

 

 

 

結果、106と惨敗でした。

 

 

が、前よりはマシでしょう。

 

 

久しぶりのふた桁、ミドルで11も叩いて+7のホールもあり、

+4もあり、トリも2つありまして、

それでも106なので、まだいい方ではないでしょうか。

 

 

 

 

3Wでのティーショットはそんなに良くなかったですね。

 

 

ナイスショットも出るには出ますが、

そんなにフェアウェイキープが多いというほどでもない。

 

結局、3Wが調子いいのは芝の上でコンパクトに振るからで、

ティーショットで力が入るとダメなのは、

3Wもドライバーでも変わらない。

 

 

曲がるときは左右に曲がる。

 

 

今使っているクラブ、

なぜか初めに選んでもらったシャフトの硬さが、

ドライバーはSで、3Wと5WはSRでした。

 

理由は忘れましたが、たしか、

フェアウェイでコンパクトに振ると、

ヘッドスピードが落ちるから、

ということだったような。

 

 

 

打ち分けのコツがあって、ちょっと面倒なんですよね。

 

アドレスで思い出すチェックポイントが3つ4つ。

リズムが悪くなりますが、

忘れると、トラブルショット確定です。

 

体が覚えてくれるまで練習すればいいんでしょうけど。

 

 

 

 

この日一緒に回った先輩たちからは、

 

「スプーン持つのはおかしい」

「お前はもっと飛ばせるだろ」

「シャフト合ってない」

「フィッティング行け」

 

と、総攻撃でした。

 

 

 

 

もう、帰りその足で行きましたね、Golf5。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ、素晴らしかった。

 

目から鱗

 

 

 

最近、ドライバーが、練習で左ばっかり、

ラウンドでは右に出たり、左に出たり。

結局バラバラ、

という悩みがありました。

 

 

試打機で計測すると何がいいって、

 

 

球筋が見えないので、ひたすら持ち玉を打つことになる。

つまり、球筋によって次の球を調整できないので、

真の姿が暴かれる。

 

 

私は、ドローというかフック、左ばっかりでした。

 

 

 

朝の練習場で、ドライバーもアイアンも左に出る。

→ まっすぐ出るように直す。

→ スタートホールのティーショット、やりすぎてスライス

→ 次はまっすぐ出ることもある

→ リラックスすると左に出始める

→ 右に矯正する

→ アドレスで考えすぎる

→ いいかげん疲れてスイングが崩れる

→ どこに飛ぶかわからない

→ ラウンド終了

 

この間に、多ければ2−3回OBが出たりするわけです。

 

 

 

 

こういう症状だったのか、ということがよくわかりました。

 

 

 

 

フィッターさんもすごくいい方で、

 

まっすぐ左に飛ぶ原因は、インパクトの写真で見ると、

クラブが返りすぎていることと、ヒール側に当たっていること。

なので、

とりあえずであれば、今より真ん中より遠目に球を置いてみるといいかもしれません。

 

と、適切なアドバイス

 

 

そして、決め手の一言は、

 

 

 

 

 

 

 

「まぁ、クラブも経年劣化しますしね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

そうですよね。

 

 

それは、妻に言いやすいお言葉です。

 

 

 

 

 

決して私がクラブ欲しいからって言ってるわけじゃない。

 

今のクラブで頑張ることもできる。

 

ただ、経年劣化はどうしようもないよね?

 

道具なんだから。

 

いやいや、あなたは劣化してないよ?

 

相変わらず、むしろ年々キレイになってます。

 

 

 

 

 

 

という、ストーリーが見えました。

 

 

ありがとうフィッターさん。

 

 

よし、買いましょう。

 

 

 

 

 

 

ということで、ユーティリティーとパター以外で、

初めての自腹クラブを買いました。

 

 

Callaway の、MAVRIK SUB ZERO です。

 

 

試打したクラブは5種類くらいで、

これが一番構えやすくてデータも良かったので、決めました。

 

 

値段と飛距離と普段のマネジメントを考えて、

3Wとユーテリティはなし。

 

試打機では、5Wで210ヤード飛んでたので、

ロングの2打目用に5Wだけ入れておきます。

ドライバーをチョロしたときは、潔くアイアンで刻みましょう。

 

 

アイアンは、MAVRIK PRO のセット。

これも、試打では他が全て左だったのに、

これだけがまっすぐ揃って飛んでくれて、

非常にいい感じでした。

 

 

PWが43度なので、ウェッジ3本は必然。

 

ウェッジは JAWS の48-10S、52-12W、56-12Wにしました。

これはフィッターさんにお任せ。

 

 

 

初めにもらったクラブのせいで、

何となく、服などもほぼ、Callawayで揃えております。

 

 

今回、メーカーこだわりなしということでフィッティングしてもらったんですが、

 

打感も、音も、データも、MAVRIK SUB ZERO が一番しっくりでした。

 

 

 

 

 

 

 

早く試したくて、ワクワクします。

 

 

 

 

次回のラウンドは、息子とキャンプ明けの午後からの予定です。

 

 

体動くかな。

 

 

 

 

f:id:miym:20200608152347p:plain

 

マン振りの結果

 

 

 

 

昨日のラウンド、テーマは、「全ホールパー」にして臨みました。

 

 

これ以上ない晴天で、風もなく、

コースは違いますが、前回ベストスコア更新という、

メンタル的にも調子に乗って、

絶好のコンディション。

 

 

怪我しないゴルフ、身の丈にあったゴルフ、

ということでいうと、

もちろんボギー狙いがセオリーに決まってるんですが。

 

最近ずっと、スコアを作るボギーゴルフを目指してきたので、

たまには、一か八かのゴルフもやりたくなってしまいました。

 

どんなに大ケガしても、次も貪欲にパーをめざす!

今日は信念を曲げない!

 

という目標で始めました。

 

トータルスコアは度外視です。

 

 

 

 

 

結果は、、、

まず、パーがとれたのは4ホール。

パーオンは5ホール、加えてボギーオンが5+7=12ホール。

振り回した割に、私としてはまずまずのスタッツですね。

 

 

暑いくらいの陽気だと、各クラブ5〜15ヤードは普段より飛ぶので、

アイアンの距離感がわからずに困りました。

 

ミドルホールで2オンするも、グリーン最深部からの3パット、

というのが悲しかった思い出です。

 

 

49-46、トータルスコアは95で、思ったほど崩れませんでした。

パット数は36で、大体いつも通りでした。

 

 

ボギーゴルフが染み付いたせいで、

自然にいろいろ上達したのでしょうか。

 

 

 

心残りといえば、

昨日はドライバーが真っ直ぐで250ヤードくらい、

今シーズン一番くらい、非常に調子良かったのですが、

途中、悪魔の囁きが聞こえてきました。

 

同伴の方に、

 

「280ヤードくらい飛ばせるんじゃない?」と言われ、

 

前半ラスト2ホール、

マン振りしてみた結果、当たらないわ曲がるわで、

トリプルボギー x2、

叩きました。

 

 

何を調子に乗ってしまったんでしょうか。

パー取るにしても飛距離はいらないのに。

 

 

ただ、

「脱力、シャロー。」

この二つをドライバーのアドレス時に唱えるのが

私の最近の流行りで、

おかげで後半スタートからはドライバーも元通り良くなりました。

 

 

 

 

さて、今回のラウンドで、自分に足りないものが、わかった気がします。

 

 

アイアンの精度です。

 

どのクラブも、飛距離も左右も信用できない。

 

8番アイアンでいうと、130-150くらいの間で、

ショートやフライヤー、ランが伸びる、を繰り返し、

右往左往しておりました。

 

 

 

また練習しましょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:miym:20200601153608j:plain

PexelsによるPixabayからの画像